• ホーム
  • 性行為のやり過ぎはインポテンツを招く?

性行為のやり過ぎはインポテンツを招く?

2019年10月21日
富士山を見ているカップル

性行為と言うのは相手との関係を深める為にも必要な行為だと思っている人も少なくありません。
勿論妊娠する為にも必要な行為です。
しかし何度も頻繁に行っていると、もしかしたらインポテンツになってしまう可能性も秘めているので注意が必要です。

男性の体はとてもデリケートで、少しの心配があるだけでも勃起しなくなってしまう事は珍しくありません。
また疲れているとか、悩み事がある、睡眠不足、仕事でストレスを感じている等様々な理由でインポテンツになります。
それ程重症でなければいずれはすっかり良くなってしまう場合もありますが、人によっては何をしても良くならない場合も珍しくありません。
そんな心因性の場合、自分を責めてしまう様な事はすべきではありません。
出来れば性行為を控える事が重要です。

頻繁に性行為を行っていると、しっかりと勃起する事が当たり前、中折れしたり全く勃起しないという事は異常だと思ってしまう人も少なくありません。
これは男性にだけでなく女性にも言える事です。
しかし実際には前述した様に様々な条件が重なるとそれらが複雑に影響し合って簡単に勃起しなくなってしまう事もあります。
インポテンツは決して珍しい症状ではありません。

それを防ぐ方法として効果的な物の一つが性行為を控えるという事です。
道具でも使いすぎるとすぐに摩耗してしまって使えなくなってしまう事もあります。
電池なども一気に長時間使うのではなく、休み休み使う方が長持ちする方が長持ちさせる事ができるという事を聞いたことがある人もいるでしょう。
それと同じで、特に現時点で性行為自体が義務となっている感じがしている人は、頻繁に行う事が時にはインポテンツに悪影響を及ぼす可能性もあります。
時にはそういう事から離れて、楽に過ごす方がインポテンツになりにくい体を作る事ができる場合もあります。